広島市地域がん登録事業
(広島市医師会腫瘍統計事業)

広島市医師会は、原爆による放射線被ばくによる影響を調査するため、昭和32年から広島市医師会腫瘍統計事業として、広島市内でがんにかかった人の病名や医療情報を収集してきました。
この調査は広島市民の保健衛生の向上に大きく寄与し、世界的にも高く評価されています。
長年にわたる貴重な調査を継続するために、本事業は平成17年4月1日から広島市が実施主体となり、広島市地域がん登録事業としてこれまで通り実施することになりました。

 

広島市におけるがんの統計

広島市におけるがんの統計(罹患数・率)をご覧になれます。


広島市地域がん登録事業の資料利用

広島市地域がん登録事業(広島市医師会腫瘍統計事業)で収集したデータは、どなたでもご利用いただけます。詳細はこちらをご覧ください。

 
   

広島市地域がん登録事業(広島市医師会腫瘍統計事業)は、広島市から委任され広島市医師会が実施しています。
〒733-8543 広島市西区観音本町1丁目1番1号 広島市医師会 腫瘍統計委員会
Copyright (C) Hiroshima city Medical Association. All rights reserved.