広島市地域がん登録事業
(広島市医師会腫瘍統計事業)の資料利用

広島市地域がん登録事業(広島市医師会腫瘍統計事業)の資料利用については、
下記の利用手続要項をお読みいただき、ご同意されましたら、
利用申請書をダウンロードして、広島市医師会までお申し込みください。

広島市地域がん登録事業資料利用手続要項
 

(目的)
第1条 本要項は、広島市地域がん登録事業において登録されている 資料・情報(広島市地域がん登録事業において、収集、作成された情報を指す。 (以下、「データ」という。)の利用手続をめるものとする。


(利用の申請)
第2条 データを利用しようとする者は広島市医師会腫瘍統計委員会 (以下「委員会」という。)に、広島市地域がん登録事業資料利用申請書 (様式第1号)を提出しなければならない。

(利用の基準)
第3条 委員会は利用の申請があった場合、以下の基準に照らして、 速やかに当該申請に係る登録資料利用の適、不適について審査 しなければならない。
    (1)データの利用が、がん予防対策及びがん医療水準の向上に
      寄与するものであること
    (2)データの利用が、利用目的を達成する上で必要最低限度の
      範囲内のものであること
    (3)申請者が、利用目的を達成できる能力と具体的手段をもち、
      かつ、利用するデータの管理を適切に行なうことができる者であること

(申請の審査)
第4条 第2条の規定により申請書の提出があった場合、委員会は、
規定に則り、申請の適・不適を審査するとともに、 審査結果を、速やかに 広島市長宛てに報告書(様式2号)を提出しなければならない。

利用条件の付与)
第5条 委員会は、審査に当たり、データの利用の方法、範囲等について条件を付することができるものとする。

(結果の通知)
第6条 第4条の規定よる報告を受けた広島市から利用申請に係る承認又は 不承認の通知があった場合、委員会は、速やかにその通知を申請者に送付 しなければならない。

(承認の期間)
第7条 承認の有効期間は、承認された日から起算して1年とする。

(利用に関する責務)
第8条 申請者は、受領後のデータの取り扱いについて、以下に揚げる事項を遵守しなければならない。
    (1)利用申請書に記載された目的以外に使用しないこと
    (2)提供を受ける情報が個人情報に係る情報である場合、
       いかなる場合もその秘密を保持すること
    (3)利用申請の承認期間が過ぎた場合、速やかに当該データを破棄
      すること
    (4)論文等結果を公表する場合、その内容に個人を特定しうる情報を
      含まないこと
    (5)結果を公表する場合、その内容(学会発表抄録、論文別刷等)を
       報告すること

(その他)
第9条 この要項に定めるもののほか、必要な事項は委員会で協議の上、別に定める。

附則
     この要項は、平成17年4月1日から実施する。


 

資料利用申請書のダウンロードはこちらから
(PDF)
   

利用申請上の注意
資料利用申請先
資料の利用については、上記の利用手続要項をよく読んで、ご理解のうえ、お申し込みください。また、承認された場合は本ホームページで申請者名(所属を含む)と利用目的を開示させていただきます。
 

広島市医師会腫瘍統計資料利用申請書をダウンロードし、必要事項を記載後、下記住所へお送りください。

〒733-8543
広島市西区観音本町1丁目1番1号
広島市医師会 腫瘍統計委員会 行

 


Copyright (C) Hiroshima city Medical Association. All rights reserved.